赤ちゃんのいる生活

【ささやかに】1才の誕生日にやったこと3つ【お祝い】

こんにちは!もふです。

先日娘がめでたく1才を迎えました(はくしゅ!)
あまりにもあっという間過ぎて大げさでなくこの前生まれたような気すらします。
私もママ1年目として色々な問題にぶつかって、乗り越えて、娘と一緒に大きくなりました。
もうほんとにわたしも頑張ったねお疲れ様って自分を褒めてあげたいです(涙)


さて前置きはこの辺にしておいて、娘の誕生日は身内でささやかにお祝いしたのでどんなことをしたのかご紹介させてください!

【自宅で】写真撮影

まずは自宅で娘のバースデーフォト撮影をしました。

もふ
もふ
余談ですが、子が生まれてから一眼レフカメラを持っていてよかったと思う場面多数です。高い買い物ですがお勧めします。

これは失敗例(笑)

飾りつけにはこだわりたくて、好みの飾りつけセットを見つけたものの5000円とちょっと予算オーバー・・・。
似たようなものは無いかと探し、楽天でそっくりな物を発見しました。

1980円と半額以下なのに写真通りの可愛さとクオリティの高さで大満足!
カラーバリエーションも沢山ある中から選べるので、好みに合わせてカスタマイズできるのが有難いです。

バースデーケーキはプレートとウサギさんを添えて。
こちらは大人用なので写真撮影後に美味しくいただきました。

【スタジオで】写真撮影

自宅で写真撮影の他に、せっかくなのでお宮参りとお食い初めの写真撮影をしてもらったスタジオアリスでバースデーフォトを撮ってもらう予定です。

予定です、というのは実は予約したのが遅かったのか希望日周辺も含めて全然予約が空いていない結果に。
2週間前では希望の日時は空いていなかったので1か月前くらいから予約しておくべきでした。反省。

もふ
もふ
午前中は本当に人気なので早めの予約をオススメします!

スマッシュケーキ

そして誕生日当日の朝は、やってみたかったスマッシュケーキでお祝い!
スマッシュケーキとは、赤ちゃんがケーキを手でスマッシュ(壊し)ながら自由につかみ食べするアメリカ発祥の習慣だそう。

食パン、ヨーグルト、バナナ、オレンジで出来た娘でも安全に食べられるケーキです。


いつもは抑えがちにしてしまうつかみ食べも、今日はビニールシートを敷いてタオル完備で好きなように食べてくれーと娘の前に差し出してみました。

最初は不審そうにツンツンするだけでしたが美味しそうに完食してくれたので大満足!
これこれ。このお顔べっちょりショットが撮りたかったのです。

【参考】スマッシュケーキの作り方

最後に簡単にですがスマッシュケーキの作り方を載せておきます。
買うと5000円位かかりますし、手作りであれば安全&お安く(今回は500円位で出来ました)作れるので余裕があれば手作りをオススメします。

※前日からの仕込みが必要です

スマッシュケーキに使う材料はサンドイッチ用食パン、プレーンヨーグルト、飾り付け用のフルーツ(今回はネーブルオレンジにしました)、バナナ(無くても可)です。

ヨーグルトは前の晩から水切りをしておきます。
ボウルの上にキッチンペーパーを敷いたザルを置いてその上にヨーグルトを乗せます。
作り始める2~3時間前位からでも十分水切りできると思いますが、私は念のために前の晩から仕込んでおきました。

時間を置きすぎると逆にパサパサになってしまうので注意してください。

水切りしたヨーグルトは半分をつぶしたバナナと混ぜてパンとパンの間に塗る用に、もう半分は外側を塗る用に使います。

今回はサンドイッチ用の食パンを3枚使用しました。
丸型にくり抜きます。
型は何でも大丈夫ですが、我が家ではプロテインシェイカーの蓋がぴったりだったので採用(笑)

パンとパンの間にヨーグルトバナナクリームを塗り、3枚重ねたら外側をヨーグルトクリームでコーティングします。

お好みのフルーツを乗せて完成です。
今回はネーブルオレンジを乗せましたが、イチゴやブルーベリーなんかも食べやすくていいと思います。
バナナが手に入らなかったら全てヨーグルトクリームでもいいと思いますし、お好みでアレンジしてみてください。

ささやかにお祝いしたつもりでしたが、写真撮影とスマッシュケーキのイベントだけでも大いに盛り上がって大満足な誕生日となりました。

娘よ、ここまで大きな病気もせずに健康に育ってくれてありがとう。それだけで親孝行だよ。

これからもいっぱい遊んで、いっぱいイタズラして、いっぱい食べて、いっぱい寝て、大きくなってね。