出産

産後の抜け毛は早めのケアが重要!私が行ったケアやお勧めアイテム紹介します

こんにちは!もふです。

今回は悩む人も多いであろう産後の抜け毛についてです。
この産後の抜け毛は出産した女性には避けられない道ともいわれており、髪の毛量には自身のある私も、例に漏れず抜け毛に悩まされました。

このままではハゲになるのではないかレベルで酷かったために色々と対策を打ち、現在はほぼ元通りになるまでに改善しました!
そこで、私のやっていた産後の抜け毛対策や、オススメしたいヘアケアアイテムなどをご紹介していきたいと思います。

産後5ヶ月頃突然抜け毛が増えた

元々私の髪の毛は太く多く、半分誰かにあげてしまいたい位にボリューミーな髪の毛でした。
そんな訳で産後も毛が抜けてしまう人がいるらしいという情報は知っていたものの、自分とは無縁の話だと思っていました。

それが産後5ヶ月になったあたりからなんとなくお風呂の排水溝に貯まる髪の毛の量が増えたような気がするも、気のせいだろうと思う日々が続きました。
しかしついに夫から「なんか排水溝の髪の毛の量凄いね」との一言があり、そこでやっぱり抜け毛が酷いことを確信しました。

もふ
もふ
産後すぐではなく、私みたいにしばらくしてから抜け毛が増える人もいるみたいです

産後の抜け毛の原因

この産後の抜け毛はホルモンバランスの変化、出産・育児による心身のストレス、頭皮環境の悪化が原因と言われており、つまりどうしようもないんですよね。

いつかは治まるとは言われていますが、できれば早めに予防・改善したいものです。
私も産後ハゲを確信した後は、ヘアケアアイテムを買い占めて頭皮と髪の毛のケアに力を入れる事にしました。
と言っても時間のかかるお手入れなどをするようになった訳では無く、誰でも手間なくできるレベルのささやかなヘアケアなのでご紹介させてください。

私がしていた予防法とオススメのヘアケアアイテム

私がヘアケアするにあたって揃えたのはアヴェダのパドルブラシ、少しお高めのシャンプー・トリートメント・ヘアオイルです。

アヴェダのパドルブラシはヘアブラシとして使えるのはもちろんですが、頭皮のマッサージをするのにも最適なブラシになっていて、髪の毛を梳かしながらの頭皮マッサージを毎日の日課にしました。

そして、シャンプーとトリートメントも評判の良いディアボーテひまわりにチェンジしました。

「ディアボーテひまわり」と「いち髪」は、美容師が市販されているシャンプー・トリートメントの中でもオススメしたい物なんだそうです

これまではお買い得品のパンテーン一筋でしたが、ひまわりに変えてあまりの良さに感激。
泡立ちと香り、洗いあがりが素晴らしすぎて一生リピしようと誓ったくらいです(笑)

最後はちょっと奮発してケラスターゼのユイルスブリムシリーズのヘアオイルを買ってみました。

さすがはケラスターゼ、タオルドライ後に少量つけて乾かすとツヤッツヤうるうるの美髪になりました♪

もふ
もふ
ケラスターゼに拘らずとも、お好きなヘアオイルで良いと思います

1ヶ月ほど頭皮マッサージとヘアケアを続けたことで目に見えるほど症状が改善し、現在では悩むほどの量が抜ける事も無くほぼ元通りに戻りました!
この1ヶ月でヘアケアの習慣もついたため、改善した後も更に美髪を目指してケアに力を入れるようになったのもよかったなと思います。

ケラスターゼ製品を1円でもお得に買う方法

さて、少し話は逸れますが紹介したケラスターゼ製品を1円でもお得に購入する方法はないか調べてみました。
楽天やamazon、ヤフーショッピングなどを色々と調べてみましたがケラスターゼ製品は価格統一がされているのか数百円の差はあれどほとんど価格に差はありませんでした(並行輸入品は除きます)

という事で1円でも得する方法としてはポイントサイト経由で買い物をするのが良いと思います。
例えばモッピーを経由して楽天市場で商品を購入すると商品代金の1パーセントがキャッシュバックされるので、約4000円のヘアオイルを購入すると40円ほど得することになります。
1円でもお得に買い物がしたいとお考えの方は参考にしてみてください。

ポイントサイト経由でのショッピングの詳しい情報はこちらをご一読ください

産休・育休中にポイントサイトで6万円ゲット!通販が増えた人必見!こんにちは!もふです。 今回は現在産休・育休中の方にお送りしたい「産休・育休中こそポイントサイトのフル活用でお得に買い物をしよう!...

髪が綺麗だと気分も上がる

今回の抜け毛事件をきっかけにヘアケアに力を入れるようになったのですが、髪の毛が綺麗だと自分でも驚くほどテンションが上がります。
今までは忙しさを理由にほとんどケアというケアはしてこなかったのですが、髪がつやつやだと不思議と色々なモチベーションが上がり、自分もやっぱり女なんだなぁとしみじみしてしまうほど(笑)

毎日自分のお手入れにまで手が回らないママさんも、ほんのすこーしだけ自分をいたわるつもりでヘアケアに力を入れてみてはいかがでしょうか!